アナログ

さいひさ・だらだらSlowlifE

3年と少しの間の日々の記録とかです。だらだらしすぎですな。
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ イラスト記事を移転。 ]
2008-07-01(Tue) 19:37:31
カテゴリに「すぱのば時代の遺産」を追加しました。
ここに載せていないはずの絵とかはこのカテゴリで飛べる記事にうpしましたぞー

2008.07.01(Tue) 20:20
おおせ先生作品集を更新。ゲーム王・巧以降は若干加筆しています。
しかしウズマジンは追加せず。
スポンサーサイト
すぱのば時代の遺産 | TB:× | CM : 0
  [ すぱのば過去ログ(おおせ先生作品集) ]
2006-03-25(Sat) 18:05:10
■革命児IT(別冊コロコロコミック13年2月号収録)
革命児IT
全国でも指折りの不良学園・市立割柿小学校に、全国を渡り歩き問題を改善する世直し小学生「革命児IT」こと「飯国 造郎」が現れ、割柿小学校を改善(?)していく、読みきりギャグ漫画。
ちなみに「IT」はイニシャルだが、パソコン超初心者なので名前負けしている。

「空手8段合気道10段剣道9段柔道5段のインストラクターのハウツービデオ」を見て研究した(らしい)格闘技だけで不良をあっという間に伸してしまうところを見ると、造郎には格闘技の才能がある…のだろう…か!?
おおせ先生の別コロデビュー作が多分これ。


■ぬすめ天然!ドロ坊ズ(別冊コロコロコミック13年4月号掲載)
ぬすめ天然!ドロ坊ズ
普段は「迦世寺(かせいでら)」の和尚と小坊主。しかしその実態は天下の大泥棒・ドロ坊ズ!

美術館に潜入し、世界にただ1つの宝石「クイーンダイヤ」を盗み出そうとする和尚を、(自覚無しに)邪魔しまくる天然は、目障りなハエを追い払おうとして非常ベルを勢い良く鳴らしてしまう。
果たして、和尚と天然は無事に逃げることができるのか!?

個人的にオチが好きです。


■未確認宇宙生命体 GoGoちゃいリアン
(別冊コロコロコミック13年6月号~12月号掲載)

未確認宇宙生命体 GoGoちゃいリアン
「地球人のみなさんと心温まるお友達同士になる」ため、プチ銀河星からやってきたエイリアン
「ちゃいリアン」のドタバタ宇宙人活劇(?)

漫画のメインキャラはアオチャン(上画像・右側)。トラブルメーカーのサラバ(左側)に迷惑をかけられながらも、地球人と仲良くなるべく色々な作戦を考える…というもの。 たいていはアオチャンが痛い目を見るのがパターンになっている(と思う)。

サラバのキャラのクセがかなり強烈で、左の画像のコマでも失笑モノ。
ちなみにちゃいリアンはおおせ先生初の連載漫画。全4話(のはず)。


■爆転HEROブレーダーDJ(月刊コロコロコミック7月号・読みきり~)
爆転HEROブレーダーDJ
当時大人気だったホビー・ベイブレードの実践漫画。
ブレーダーDJと、日本一弱いブレーダー(と、韓国で誇称)・周斗による「ベイブレード実践漫画(俗に「ミニ四ファイターⅤ」ベイ版とも呼ばれるらしい)

この作品で初めて本誌デビュー。最初は読みきりで掲載、後に本誌・別コロで同時連載になり、たまに休載になりつつも長く続いた作品。
周斗の駄目っぷりが(別の意味で)素晴らしい。
なお、実在するブレーダーDJが交代になった影響で作品中のブレーダーDJもバトンタッチする。
●連載状況
・月刊コロコロコミック13年10月号~12月号(1月号休載)
・14年2月号~3月号(4月号は休載)
・14年5月号~15年9月号、15年11月号
・別冊コロコロコミック13年10月号~15年6月号・打ち切り?
●単行本情報
「爆転HEROブレーダーDJ」全2巻(?)


■コロコロ漫画大学校2代目
コロコロ漫画大学校2003-2005
本誌の新人コミック大賞PRページの前ページに掲載されている、漫画の描き方レクチャー漫画。管理人の記憶が確かならば、2000年9月号の頃には既に連載(?)されていた。
(ちなみにその号では、レッツ&ゴーでお馴染みのこしたてつひろ先生が担当。だが、挿絵が田中太郎だったりヤマザキだったりとあべこべである。当時は担当の先生が毎号替わっていた模様。)

2年間続いたおぎのひとし先生の漫画大学校が終了した後、おおせ先生版漫画大学校が開始。マンガ家を目指すペン之介が、コロコロ編集部に居候しつつ、コロコロで連載している漫画家陣から漫画レクチャーを受ける、というもの。
レクチャーに参加した先生方は
・青木たかお先生 ・沢田ユキオ先生
・松本しげのぶ先生 ・樫本学ヴ先生
・むぎわらしんたろう先生 ・こしたてつひろ先生
・犬木栄治先生 の7名。
連載中、編集長がヨコタヌキ氏からサガミネーター氏にバトンタッチする。
●連載状況
月刊コロコロコミック15年4月号~17年3月号


■おどるポケモンひみつ基地(別冊コロコロコミック15年08月号掲載)
おどるポケモンひみつ基地
「劇場版ポケットモンスター 七夜の願い星ジラーチ」の併映短編
「おどるポケモンひみつ基地」の原作漫画。
なお「烈空の訪問者デオキシス」からは、同時上映の短編映画は廃止されているので
短編映画(の原作)としては今作がラストとなる。

ニャースが注文した、ロケット団の新アイテム「MDB(モンスターダンシングボール)」。
ピカチュウたちと遊んでいたゴニョニョを捕らえ、実験台にしようとしていた矢先、
ゴニョニョ達がピカチュウの手引きで脱走してしまう。
逃走するピカチュウ達を、ニャースはMDBを使って足止めするが…?

踊ったり逃げたり脱出したり、
忙しなく動き回るポケモンに思わずクスリと笑ってしまう作品。


■新世紀ゲーム王・巧(別冊コロコロコミック15年10月号~16年2月号掲載)
新世紀ゲーム王・巧
小学校ではゲーム同好会に所属する、ゲーム大好き少年「芸門 巧」。
すぐれた反射神経と動体視力で、ありとあらゆるTVゲームをマスターしていく。

毎回あらゆる達人が現れ、巧は彼らに勝負を挑む。
持ち前の能力と周りの人達が与えるヒントが、巧を完全勝利へと導く!
ちなみに、巧は勝負の際には正装(否:コスプレ)を欠かさない。
なお、多少ネガティヴなネーミングな方々が登場するのも特徴である。

この漫画は完成度が非常に高いので、あらゆるメーカーと手を組んで新作ゲームを宣伝しながらの連載を続けて欲しかったと思っています。3話で打ち切るのは絶対にもったいないです。ホビーの売り上げよりもDS・PSPのゲームの売り上げが高まっているので、こういった漫画が本誌で連載していても全く問題はないはず。編集部に一応そんな提案のハガキでも送ってみようかしらねぇ?


■甲虫王者ムシキング~ザックの冒険編~
甲虫王者ムシキング~ザックの冒険編~
大人気アーケードゲーム・甲虫王者ムシキングのタイアップ漫画。
財宝ハンターザックと、ムシキングを目指す侍甲虫カブト丸の凸凹コンビが主役の冒険活劇。

この漫画の見所は、「やる気無し・生意気・あざとい」主人公ザックと「熱血・単純・正義感」侍甲虫カブト丸の凸凹コンビの活躍。性格は正反対ながら、「夢を追う」という共通の目的を持つ2人(?)は互いの目的を肯定し合っている。
コロコロの歴代連載漫画の中で異彩を放つ主人公(現在の外道主人公はザック・範人の2人のみ)と、コロコロの伝統を受け継いだ主人公のやりとりが面白い。カブト丸のパワーとザックの知略が織り成すムシバトル、そして強烈な個性を持つキャラクター勢。特にこの漫画のオッサン登場率には注目されたし。

「頂に登ればムシキングになれる」と呼ばれる天樹を目指し、
寄り道しながらもお宝探し旅を続けるザックとカブト丸に待ち受けるものとは…!?

基本的に1話完結の冒険譚。序盤~メリガン大陸までの展開はテンポ良く読むことができます
コルクスクリュー登場から終盤(打ち切り執行展開中)はなかったことにしてあげてください…

●連載状況
別冊コロコロコミック2004年4月号(2005年12月号休載) ~2008年2月号
月刊コロコロコミック2004年9月号~10月号(前後編連載)
月刊コロコロコミック2005年2月号~2006年10月号
※月刊05年2月号から06年10月号までは、本編が月刊に移った形で連載。

●単行本情報
「甲虫王者ムシキング~ザックの冒険編~」1~8
(4巻は番外編「劇場版甲虫王者ムシキング~グレイテストチャンピオンへの道~」収録。)


■劇場版甲虫王者ムシキング~グレイテストチャンピオンへの道~
劇場版甲虫王者ムシキング~グレイテストチャンピオンへの道~
「劇場版甲虫王者ムシキング~グレイテストチャンピオンへの道~」の劇場公開に先駆けた予告漫画。映画と若干、ストーリーが異なっている。劇場版のオフィシャル漫画ながらも、おおせ先生テイストが色濃く出ていてオリジナル作品に見えるのも特徴のひとつ。

舞台は近未来。大人気カードホビー・ムシキングを愛する少年未来ケントが主人公。相棒のカード・ムシキングとともに、最高のムシバトラー「グレイテストチャンピオン(GC)」を目指す!

公式大会に現れたムシバトラー・溝呂木シローが操るネプチューンオオカブトの圧倒的な強さの前に成す術も無く敗れてしまったケント。再戦する時は必ず勝って見せると意気込むケントだが、
「完全な強さ」に執着する溝呂木シローはブラック博士の誘惑にのってしまう…

そして再戦の時、ケントとシローは本当の強さを知る!

●単行本情報
「甲虫王者ムシキング~ザックの冒険編~(4)」収録。


ウズマジンは鳩中編は楽しく読めたものの、マジン界編がとても気の毒なことになっているので
どうしたらいいのかわからないです……
具体的に例えると東遊記みたいなことになってる
すぱのば時代の遺産TB : 0CM : 0
  [ すぱのば過去ログ(ムシ・ウズマジン系) ]
2006-03-24(Fri) 21:05:21
天樹4人組
こいつら大好き、このアンバランスな年齢配分がたまらん

橙・緑・紫
ハロウィンでグロい絵を描くというセンスはウチにはありません

夏でぇむん
個人的に夏といえば虫取りです。このテクスチャ効果大好き

個人的にフェルナンデスは青系統
1発キャラだったにも関わらずカブトム新聞でアピールしていた単純勇者
スピンオフでも活躍できそうな気がします。

妄想描きジン
ソードマスタージン

日記過去ログ厳選
ムシGC2は幼少向け漫画の王道展開をいきながらもラストの締めが秀逸です。
ここ3年間の中での当たりゲーだと思ってます

個人的に会心のネタ
他は紛失しました(マジで

毛利
最近だと「前世からの相棒だぜ」という絆が薄っぺらく見えてしまいます。
鳩中時代の方が話的に面白かったのは明らかですが

ここ1年での集大成
この1年間の中で一番気合を入れて描いたのがこの絵です。
すぱのば時代の遺産TB : 0CM : 0
  [ すぱのば過去ログ(ポケモンとか) ]
2006-03-24(Fri) 13:21:12
波導のお方
コンセプト:色塗りを丁寧に

結構いっぱいいます
ダークライとシェイミが好きです。好みが消防っぽいですね
その性癖は行動に現れています

未公開
改造でしか出せないという色違いお二方


このブログではポケモン関連の絵が非常に多いのですが、他のポケモン絵は落書き過去記事を漁れば見つかると思います。とりあえずここでうpしていないだろう3枚を載せてみました。
すぱのば時代の遺産TB : 0CM : 0

copyright © 2017 さいひさ・だらだらSlowlifE. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。